横断歩道を余裕で渡れるように! 12月19日(火)

リハビリメニューをこなしていると汗が滴り落ちてくるTシャツで痛い気持ちではあるが、ときは12月、最低気温も0℃を超える予報が出始めている。脳梗塞の後遺症で麻痺を持つ私には辛い季節の到来である。
18日のリハビリで国道16号の横断について利用者仲間と話題に
数日前に横断は同を渡る時歩数を数えてみた、32歩でした信号が青に替ると同時に渡り、途中で点滅し、赤に変わる寸前渡る事が出来ました
定期検査で10m歩行のタイムは11.94歩行速度は0.84です。毎秒1m理想で少なくても最低カットオフ値は0.9に当面の目標設定にしたい。その為には室内歩行では、10m歩行を10秒を目標にしていきたい。

12月18日の歩行状態

折り紙は手先を使うことによる脳への刺激や、様々なことを考えながら折ることによる脳への刺激により、認知症予防や、脳梗塞のリハビリに効果が期待できると言われています。
通所リハビリでも多くの方がリハビリメニューの合間にワイワイガヤガヤ楽しそうに作業テーブルを囲み色々なテーマに挑戦していました。

折り紙の効果を調べてみると

折り紙の作業は大きく分けて以下のような作業に分かれます。
①指先を使って紙を折る
②どのような形になるのか想像して折る
③出来栄えを確認する

それぞれの作業によって、どんな効果があるのか、順を追って説明していきます。

① 指先を使って紙を折る
折り紙は手、特に指先を使います。手先を使うことにより脳は刺激を受け、活性化され、結果として認知症の予防が期待できます。また、手先を使うため、脳梗塞などの後遺症で、手をうまく動かすことが困難な方の場合は、折り紙を折ることでリハビリにも効果が期待できます。

② どのような形になるのか想像して折る
折り紙を折る時は、「どのような形になるのか。」「きれいに仕上がるのか。」など、様々なことを想像して作ります。このように様々なことを創造して作ることで、考えることによる脳への刺激により、脳の活性化が期待できます。この考える・思考するといった作業は認知機能を低下させないために、有効な手段の1つです

③ 出来栄えを確認する
作り終わった作品をみて、「綺麗にできた。」「ここが失敗した。」などいろいろな感想がでてくると思います。ここで重要なのは、少し前の時間の出来事を振り返ることです。認知症は記憶能力の低下が現れやすいため、このように少し前の出来事を振り返ることで、記憶能力の低下防止に繋がります

皆さんの力作の一部

脳卒中の後遺症でリハビリを続ける多くの仲間のブログサイトです。是非、参考にしていただければ幸いです。

👇👇👇 ご意見・質問・激励 お気軽になんでもコメントを 👇👇👇

コメント